借金の限度額がない総量規制対象外のカードローンについて

総量規制対象外の借金といっても、一体何のことなのか良く分からないという人もいるでしょう。総量規制とは借金に関する法律の一つで、いくつかの内容に分かれてはいますが、最も大きいものは、ある個人が消費者金融などの金融機関から融資を受けることのできる借金の上限を、その人の年収の三分の一までに制限するというものです。
これは複数の金融機関から借金をしようとしても同じことというか、複数の借金をまとめたものの上限がその人の年収の三分の一までなのです。
しかし、どんな借入でもこの総量規制が当てはまるわけではありません。総量規制対象外の借入も存在します。そういう借金は、年収の三分の一までというような制限を受けることはありません。では、どういうものが総量規制対象外なのかというと、上に少しヒントがあります。対象となるのは消費者金融などのノンバンク系金融機関だけであり、銀行などは総量規制対象外なのです。
従って、銀行からの借入であれば、その人の年収の三分の一を越えるような借入であっても審査に通る可能性があります。あくまで可能性があるだけですが、完全に門前払いを食うよりはましです。もちろん、既に消費者金融などで年収の三分の一に近いような借入がある人であっても同様です。
ですから、現在の自分の借入額と年収とを比較して、審査に通るかどうか不安に思う人であれば、総量規制という意味での限度額のない銀行などのカードローンを検討してみるのが良いでしょう。

参照サイト